ニュースを見る

農薬散布用ドローンのドリフト(飛散)試験を実施

2019.10.24生産事業部 生産資材課

大阪府とJA全農大阪は、9月19日に地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所(以下、環農水研)(羽曳野市)で「農薬散布用ドローンのドリフト試験」を共催で実施し、大阪府・環農水研・JA・農薬メーカー等関係者約40人が出席しました。
昨年3月に実施した飛行試験に続き、今回は圃場に感水紙を設置しドローンを用いた農薬散布による周囲への飛散量を調査しました。(図1)
詳細は分析中ですが、動力噴霧器による慣行散布と比較すると、全ての感水紙にほぼ反応は見られず飛散量は慣行と同等、散布所要時間は圧倒的に短い結果となりました。

画像:農薬散布用ドローン
画像:(図1)試験イメージ
SHARE